化粧水の役割

人の肌は、洗顔しただけでは保湿できないことは知っておられましたか?たとえば水を肌に吹きかけても表面は濡れたままですが、中まで浸透しないのです。
ここで大切なポイントは皮膚の表面だけでなく内部にまで水分が浸透すること、また維持できていることです。
そういった水分の浸透性という役割を考えたものが保湿化粧水なのです。
保湿化粧水の大半は水分でできているのですが、これにさまざまな成分が配合されてはじめて肌への浸透がしやすくなるのです。
その配合されている成分には、グリセリンやエタノールなどのほか、皮膚の柔軟性に関連するエモリエント剤などがあります。
このように浸透しやすくした化粧水は肌に水分を補うことや調子を整えたり柔らかくするといった役割があります。
またそのあとに使う乳液やクリームはよりムラなく浸透させる役割を担っているようです。
ひとつ大切なことがあります。
それは化粧水だけでは保湿を保つことができないことです。
化粧水の正しい役割は、洗顔によって失われた角質の水分を補ってあげることなのです。
またより良い化粧水にこだわるのなら、水に溶けやすい美肌成分を配合しているものを使うことが最適だとされています。
また美肌効果のある成分にはビタミンC誘導体や水溶性の抗酸化成分などがあげられます。
保湿化粧水としての働きを重視する際には、自分の肌にあった有効成分が配合されたものをおすすめします。

Filed under: 保湿化粧水の作り方説明書 — 12:53 am