弾力や引き締め効果がある化粧水ブレンド

肌に潤いがなければ、ハリや弾力は生まれてきません。
しかし、年齢共に保湿力は失われてきますし、生活習慣でも肌のバリア機能が失われてしまいます。
肌を守るためには、毎日使い続ける化粧水で保湿力を維持していくことが一番です。
ただ、化粧水といっても世の中には数多くありますから、一つを選ぶのは大変です。
それならば、自分で保湿化粧水を作って、肌のハリと弾力をキープしていけば、迷うことはありません。
弾力や引き締め効果がある保湿化粧水が手作りできるとして、以前ブームになったの保湿化粧水があります。
作り方としては簡単で、尿素とグリセリン、精製水を容器に入れて混ぜるだけです。
尿素は一度に入れてしまうと、なかなか溶けないので、最初にグリセリンと水を入れた容器に尿素を少量ずついれていくのが確実な方法です。
つくった保湿化粧水の原液は冷蔵庫で保管しておき、約6ヶ月は持ちます。
使うときには水道水で薄めて、顔や体に塗るようにします。
尿素には、保湿効果の他にタンパク質の分解という効果があり、古い角質を剥がして新しい角質へと生まれ変わらせるので、肌のハリ、弾力をもたらしてくれるのです。
ただ、世の中には尿素やグリセリンにアレルギーを持つ人がいるので、使用する前には少量付けて赤くならないか確認しておくと安全です。

Filed under: 保湿化粧水の作り方説明書 — 保湿化粧水の作り方説明書 12:11 pm