肌質に合わせたケア

保湿化粧水にもいろいろな種類のものがありますが、肌質にあったものを使うようにしておくことが大切です。
保湿化粧水を肌質あったものにするだけで、ニキビや肌荒れなどを改善していくこともできますし、毛穴が目立たなくなったという人もいます。
肌質には大体3つの種類があるといいます。
乾燥肌、脂性肌、普通肌です。
乾燥肌のスキンケアには、とにかく保湿をしっかりとできるものを選ぶ必要があります。
乾燥肌の人は、乾燥で角質がめくれた上体であり、傷んだりしていることが多いので洗顔をするときも刺激を与えないように優しく洗って、保湿化粧水をすぐに使用するようにしておきます。
普通肌のスキンケアで大切なのは、その肌の状態を維持するということです。
丁寧な洗顔を行い、その後、保湿をきちんとしておくことで維持することができます。
紫外線対策なども手を抜かずに行うことで、肌の状態をさらによくすることもできるといいます。
脂性肌のスキンケアでは、皮脂に雑菌が繁殖したりしないように、丁寧な洗顔をすることが大切です。
脂性肌の人に多いのが洗顔後に化粧水だけで済ませたりする、というものですが、きちんと化粧水だけではなく、美容液や乳液などで保湿をすることも大切なのです。

Filed under: 保湿化粧水の作り方説明書 — 保湿化粧水の作り方説明書 1:04 pm