肌質の特徴

肌質には4種類あり、それぞれ見た目の特徴で分かります。
普通肌は、皮脂の分泌が適度で、肌にかさつきもありません。
理想的な肌の状態で、同じ保湿化粧水を使い続けるのが良いです。
脂質肌は、顔が皮脂でベタついているのが特徴です。
特に額から鼻にかけてのTゾーンは脂っぽくなっており、ベタつきが最も気になる部分です。
過剰な皮脂分泌によってニキビができやすく、余分な皮脂を除去する必要があります。
しかし皮脂を取りすぎて肌が乾燥すると、肌を保護しようと余計に分泌が盛んになる恐れがあります。
ホホバオイルなど抗炎症作用がある保湿化粧水を付けすぎないように気を付けます。
乾燥肌は、肌全体が乾燥しており、触るとカサカサしています。
皮脂の分泌量が不足して、バリア機能が失われているため、肌の表面から水分が蒸発しやすい状態です。
乾燥肌は悪化すると角質がどんどん薄くなるので、少しの刺激でも過敏に反応する敏感肌になります。
乾燥肌のスキンケアには、油分と水分の両方を十分に補うことが大切です。
高い保水力を持ったセラミドを配合した保湿化粧水を使います。
混合肌は、Tゾーンはベタついて頬やフェイスラインは乾燥しています。
皮脂の過剰分泌を防いで、セラミドと相乗効果があるビタミンC誘導体を配合した保湿化粧水が適しています。

Filed under: 保湿化粧水の作り方説明書 — 保湿化粧水の作り方説明書 7:17 pm